2022年06月26日

召天者記念礼拝 西地区壮婦集会の日

こん@@はexclamation ピッツァです。
6月26日の新中野キリスト教会の様子をご報告します。

今日は 礼拝も午後の集会も、それぞれいつもと違っていました。

礼拝・・・私たちの教会にゆかりのある召天者を記念する礼拝でした。
天に召された方々の思い出を親しい方に語って頂いて、会衆一同で偲ぶのです。
DSC_0556.jpg
これは第一礼拝の様子です。

藤井先生は、召天者記念礼拝に相応しく、 ピリピ1:21−25から「生きることはキリスト」と題したメッセージを語って下さいました。
fig-25-06-2022_10-54-12.jpg       

第二礼拝を少し詳しくご報告します。
DSC_0572.jpg
第二礼拝は手話通訳付きです。

司会者が賛美を導いた後にOさんの「証し」がありました。
内容は心臓の病が癒されたという素晴らしいものでした。

DSC_0568.jpg
藤井先生のメッセージの時間になりました。
ここで天に帰られた方たちを偲ぶメッセージの
紹介がありました。

まずお二人の方から寄せられたメールのご披露がありました。
続いて3名の方が講壇から、偲ぶ思いを語って下さいました。
DSC_0565.jpgDSC_0563.jpg
DSC_0567.jpg
60数年前に天に帰られた方からつい最近帰天なさった方まで本当に大勢の方を偲ぶことが出来ました。
私たちの教会にとって大切な仲間・家族の方々です。
また天でお目にかかれるという希望を持っています。


今日のメッセージ
2022/6/26 礼拝説教
       召天者記念礼拝
【説教題】 「生きることはキリスト」
【聖書箇所】 ピリピ1:21−25
fig-25-06-2022_10-54-12.jpg
イエス様を信じる私たちにとっては、「生きること」も「死ぬこと」もキリストに在って益なのだと思わされました。
「死んでオシマイ」ではないのですね。
「生きること」と「死ぬこと」はイエス様が一番良いように決めてくださると、改めて思いました。
詳しい内容はこちらをご覧ください。


礼拝後、いつものように15分間の祈祷会がありました。
DSC_0575.jpg
たかが15分、されど15分です。
一緒にお祈りをすることは本当にいいですねexclamationわーい(嬉しい顔)


午後は壮年と婦人の方のための特別な集会がありました。
私たちの教会はZoomで参加しました。

私たちの教会は 関東南西教区の西地区に所属していて
今日の集会は 西地区の壮婦(壮年・婦人)の合同集会なのです。
DSC_0577.jpg
この集会のために関西から平松慶次先生にお出で頂いて
メッセージを語って頂いたのでした。

メッセージのタイトル
「ゆっくり じっくり たっぷり 生きる」
ゆっくり
じっくり
たっぷり
語って頂きました。

まるで落語の枕を思わせる導入から、
ゆっくり聴衆の気持ちに寄り添い
じっくりと味わい深いメッセージを語り掛け
たっぷりと滋養を与えてくださり、
もう一度 主にあって丁寧に生きることに
目を向けさせてくださったと思います。

参加者からの質問とか証しも、メッセージに呼応して
この集会参加してよかったと思いました。


天に召された方たちを思う時に「永遠」を思います。
「今を一生懸命生きようとするとき」仲間がいてくれることを感じます。

今日は、いつも以上に、時間的・空間的な広がりと連帯を感じた一日でした。


このブログにおいでくださった皆様の上に、主イエス・キリストの恵みと祝福が豊かに注がれますようにお祈り申し上げます。

posted by ビジョン at 22:15| 日記