2021年12月26日

今年最後の礼拝、一年の感謝

こんにちは、マダムYです。

今日の最高気温は6℃

この冬はじめての寒波到来です。


A8E0ABE7-ACAF-471E-AA3F-DC5CCABF736F.jpeg


24356F33-9EB8-43AE-BBF3-EDE59EA5874C.jpeg


換気を十分行うために、複数の窓がオープン。

暖房のかかった部屋も温度が上がらず、コートが外せません。人数も少なくさらに寒々しさが増すようです。

私もカイロを背中に臨みました。


FCDA6BD0-9A8C-42C7-A8F6-89F21ADACB6B.jpeg


今日は2021年最後の礼拝。

感謝礼拝です。


世の中から一気にクリスマスムードは引き去りましたが、教会はもうしばらくクリスマスの余韻が続きます。


コロナ禍2年目の今年を振り返りました。

オンライン礼拝の参加、

オフライン/オンラインで交わりを欠かさないように、

各世代に対応するために、メールや電話、手紙までも駆使して交わりを続けました。

奉仕者は限定的ではあったもののなんとか乗り切り、

献金も送金を駆使してきました。

new faceの赤ちゃんが来てくれた日もありました。

コロナ禍の緊張を笑顔でほぐしてくれる出来事でした。


今日は礼拝の大半を、信徒による証を聞いて過ごしました。


テーマは一年の感謝


95374388-135C-45BC-BF0B-3DB92ABE7A3E.jpeg


大丸1M江姉妹の感謝

息子が祈りの末に結婚に導かれたこと

義理の妹が誘いを受け入れてくれ、教会のクリスマスに参加でき、またその後聖書の話ができたこと


大丸1M子姉妹の感謝

子供たちの手に渡ることがなかった日々作りためてきた手作りみことばカードをジュニアクリスマスで活用することができた。


大丸2K兄弟の感謝

家族がそれぞれ恵みを受けた一年だった

自分自身は困難がある中、祈られ平安を与えられた。自分の希望通りの結果は得られてはいない。しかし、来年に向けてさらに神様に向き合っていきたい


大丸2M兄弟

制限のある社会で感じたこと。

主がおられるから、毎日支えられ、奇跡の如く平安に過ごせた、ということ。


大丸2O兄弟

牧師と我々の違い、それは牧師には『召がある』。

信徒と牧師の違いは、上手い下手、ではない。

自分が教会員になろうと思ったきっかけは、教会の戸締り当番をしたい、そのためには責任ある役になりたい、とい想いから。

ぜひ現在客員メンバーのみなさんも新中野キリスト教会の教会員になることをお勧めします。


大丸1S姉妹

私の中にあった長年の疑問。聖書に記された荒野放浪の旅40年間、どうしてそんなに長く同じ服で過ごせたのか。

先日自転車で往来の激しい車道で転んだ。

しかし、なんの傷もなく、服にも損傷なく、新品自転車も傷なく、痛みなく。

そこで神様のめぐみがわかった。

40年の謎もわかった。


大丸1U姉妹

今年は『私に関係なかった』ことがいろいろできることになった。

電車で初めて席を譲られた。

コロナ禍で、機器を駆使してzoomで祈祷会にも参加できた。


第一礼拝から兄弟・姉妹の証のビデオをも共有してもらいました、



2021年締めの賛美は『主の祈り』


4C58253E-46DE-4DC7-BE96-4182E8246907.jpeg

4F843614-36D0-41A7-A418-3D7C6605B9B5.jpeg


最後の最後に、信徒より牧師夫妻に感謝をしました。

健康が守られて、一年でも長く、一日でも長く、新中野キリスト教会のメイン牧師夫妻でいてくださいハート

みな心から祈っています。

3AF6CC24-8604-4B3E-A2C3-69E6DE2EA132.jpegDD89B824-BEDE-4B5A-B495-284B20766B4C.jpegD1A22205-6F15-42C3-B715-DA9593D37C2A.jpeg

マダムYでした。

posted by ビジョン at 11:00| 日記