2017年08月20日

賢い者と愚かな者

初夏の頃の猛暑を考えると、やや拍子抜けの感のある、雨続きの涼しい東京より、お送りしております。
こんにちは!ミロすけ犬です。
人知を超えて働かれる神様を今日も礼拝できることに感謝です。

突然ですが...
このブログを目にされる方の中に、教会に行ったことはあるけど礼拝には出たことのない方もおられるかもしれないですね。
キリスト教の礼拝は、キリスト教信者のためだけのものではありません。
少しでも神様に関心のある方はもちろん、そうかどうかも分からない方にも、出席していただきたいのです。

ぜひ日曜の礼拝にいらしてみてください。
特に当教会の礼拝のメッセージ(説教)の内容は、子どもも一緒にできる礼拝を目指していますので、「何いってるのかさっぱりわからんかった」という事がないよう、先生方も工夫してくれています。
小さなお子様や赤ちゃん連れも大歓迎です。「子どもが騒いじゃったらどうしよう...」ご心配なく!

教会の礼拝は神様を知る事ができる最良の場です。
あなたの人生に、神様がどのような計画を持っておられるか、ぜひ知っていただきたいです。
どうぞ、気軽に手ぶらでいらしてくださいね。

ちなみに、新中野キリスト教会の最寄り駅は、東京メトロ東高円寺駅(新中野駅ではないのでご注意!)です。
青梅街道を新宿方面に歩いて行くと、「和田三丁目」という信号のある交差点に来ます。

角にセブンイレブンさん↑がある交差点です。ここを右折すると、すぐ「新中野キリスト教会」があります。
新渡戸文化学園さんや女子美術大学さんのある通りです。
青梅街道を曲がるところが少しわかりにくいかもしれないのですが、ぜひお越しくださいね。



さて、今日は、藤井佳子先生によるメッセージでした。
第一コリント1:18-25 テーマは十字架のことば。説教題は「賢い者と愚かな者」です。

十字架のことば、すなわち福音とは...
  • 神の子であるイエス様が、人となってこの地上に来てくださったこと
  • イエス様が私の罪の身代わりとなって十字架の上で死なれたこと
  • しかし3日目によみがえられ、死に完全に勝利されたたこと
  • 私はイエス様のその十字架の贖いにより罪赦されたこと
  • そればかりか、永遠の命をいただいたこと
これらがクリスチャンの信じている福音です。

この世の常識や、人間の頭脳では、否定されてしまうこと...ですよね。たぶん。

福音は、
  • 信じるない人 にとっては、「愚かなこと」
  • 信じる人    にとっては、「隠された奥義としての神の知恵」
となるのだそうです。

真逆ですね。
もしも、この福音が愚かなことであるとしたら、

「あ〜ぁ、わたし、アホでよかった!!」

と思うのであります。信仰をありがとう!

今日のランチは、いかめし&梅ゼリーでした。

いかめしは香ばしく、梅ゼリーはすっぱく、おいしかったです!

午後は定例会などで、過ごしました。
すでにクリスマスのことなど話したりして。
早いな〜。

また来週!!
posted by ビジョン at 18:05| 日記