2021年01月31日

2021年1月31日の新中野キリスト教会

こん@@はexclamationexclamation
1月31日の新中野キリスト教会の様子をご報告カラオケしますわーい(嬉しい顔)
これは駐車場からの教会の姿です。

3.jpg

玄関側からの1枚

1.jpg

花壇の花が出迎えてくれます。

4.jpg

玄関を入るとこんな注意書きが晴れ

6.jpg

マスク、アルコール消毒、密を避けること
みんな励行していますexclamation


さて、新中野キリスト教会は
毎週同じようですし、
毎週違っているようでもあります。

説教者、司会、奏楽者が礼拝の前に
賛美の練習を行い、このように祈り合うのは
毎週同じみの光景です。

11.jpg

神は霊ですから、神を礼拝する者は、
霊とまことによって礼拝しなければなりません。
(ヨハネによる福音書4章)の言葉に従って
毎週最高の礼拝をささげることができるように
祈り心をもって奉仕をするのです。



一方技術革新の波が新中野キリスト教会にも
押し寄せてきています。
毎週礼拝をyoutubeで配信していますが
そこにも、少しずつ技術革新が加えられているようです。

会堂最後部のPA席の充実ぶりと
その前のPC席のスペックアップをご覧ください

7.jpg

さりげなくこの風景に溶け込んでいる
二人の男性にもご注目くださいわーい(嬉しい顔)

一方藤井先生もノートパソコンに向かって
何やら一生懸命なご様子です。

8.jpg
いったいどうなっているのでしょう?

ここまで11時からのが第礼拝前の光景でした。


今週はいつもと違うのはメッセンジャーが
いつもの藤井先生ではなくK神学生だったことです。

9-1.jpg

説教題:私について来なさい
聖 書:マタイによる福音書9章9節
9:9 イエスはそこから進んで行き、
マタイという人が収税所に座っているのを見て、
「わたしについて来なさい」と言われた。
すると、彼は立ち上がって、イエスに従った。

(新改訳聖書2017から)

イエス様に声をかけられて、従ったマタイのことと
K神学生が若い日にイエス様から献身を迫られていて
年月を経て従うことになったことが話されました。

牧師になること、神学校に進むことだけが献身ではない。
イエス様は私にも相応しい召しを与えてくださっていると思います。

13.jpg

密を避けるために第2礼拝はこんな感じでした。
これはコロナ以来いつもの感満載の光景ですね。

10.jpg


今日1月31日は新中野キリスト教会にとって
とても大切な教会会議が開かれる日なんです。

2021年1月31日14:00から
教会堂に出席して
13kaidou写真.jpg
ZOOMを使って
13zoom画面.jpg
YOUTUBEを使って
13youtube画面.jpg
開きました。
早めに教会会議議案を皆さんに配り
予め目を通していただいて
質問などもしていただいて
教会会議の当日はコンパクトに
進行できるように工夫しました。

おかげさまで
2020年度の報告と決算
2021年度の計画と予算
その他(役員選挙内規の改正の件)
は全員一致で承認されました。

12.jpg

ここまでお読みくださりありがとうございました。

皆様の上に主イエス・キリストの祝福が
豊かに注がれますようにお祈り申し上げます。
posted by ビジョン at 19:24| 日記

2021年01月24日

緊急事態宣言・積雪・受験

こんにちは。

マダムYです。


冷たい小雨の聖日を迎えました。

昨晩まで言われていた、

23区も数センチの積雪があるのでは?』

との警戒に反し、雪のない朝を迎えてホッとしています。


我が家の受験生は今日も入試に出かけました。

積雪の有無は死活問題です。


第二の緊急事態宣言を受け、受験生を抱える家族として、今まで以上におとなしい生活を送っています。

今朝は子供の受験が心配で、ちっとも落ち着かない心のまま、YouTube礼拝に臨みました。


3347E8AD-8107-4B05-9EA8-22D28353ECD1.jpeg


 礼 拝  

【説教題】私たちの愛は現在進行形の愛

【聖 書】エペソ5:1−2


詳しくはこちらをご覧ください。

https://blog.goo.ne.jp/keiro66/e/326d3f615d5c1d6e2fe4d7d84cc52c55?fm=rss


45FB264A-41DF-44C3-93FF-8E89A2D0D5FD.jpeg


YouTubeに繋がると、教会の和やかな様子が伝わってきました。

礼拝に集まった少人数の教会員のザワザワとした声が、なぜか心を落ち着かせくれました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


98DE50B1-E8BF-424D-B66E-C1504538EB5F.jpeg


キリストの愛は現在進行形

ただ、歴史上でおきた、過去の話ではない。

ただ、条件を満たした場合に与えられる未来の話でもない。

ただ、今おきて、消えてしまう話でもない。


愛の内に歩む

留まって進む


現在進行形の愛のジェットコースターに留まり、

どんなに怖くなっても決して手を離さず、

辛くなっても決して途中下車しない。


神に愛されている私たちは、愛されている子どもらしく、神に倣う者となり、神と同じ愛の実行者になりたい。

現在進行形の愛で互いに愛し合いたい。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


礼拝が終わり、

『受験の出来不出来が子供の将来の決定打』

との呪縛から解放された。

苦しみの根源はこの思想だったのだ。

緊張が和らいだ。


人生において大切なこと。

神様の現在進行形の愛を再認識しつつ、愛を持って示された道を信じて歩めるように。

親として、子供に、神様の愛を伝え導いてことが使命である、と教えらたメッセージでした。


人との交わりを避けなければならない世の中において、教会活動をいかに継続していくか、多くの人が頭を悩ませ、祈り、活動しています。


教会総会もオンライン導入。

36E0AAF2-9581-40BA-A7D3-2160FAACEB4F.jpeg

セミナーもオンライン導入。

21EA2A83-F871-41D2-9CA2-68F533DC02EC.jpeg


喜ばしいニュースも届きました。

教会員のご家族に赤ちゃんが誕生!

世がいかなる情勢にあっても、赤ちゃんの誕生は無条件に嬉しいものですね。

801534A7-39D0-49BA-B2E1-C591A0A74E85.jpeg


さあ、今週もがんばりましょう!


マダムYでした。


posted by ビジョン at 17:04| 日記

2021年01月20日

こんな時でも午後活動

こんにちは。おごちゃんです。

寒いですね。日本海側は凄いお天気みたいですが、東京は寒いだけ。なんなら日中の日向は暑さを感じたりするくらいです。雪が降る土地に生まれ育ったので、ちょっと寂しいです。

さて、1月17日の教会の様子です。

残念ながら、今日は通訳は私一人だけでした。さらに、今日は開会前にいろいろバタバタとしてました。つまり、写真を撮ることが出来ませんでしたので、礼拝写真がありません。こればかりはどうしようもないですね。

ということで、今日のメッセージのタイトルは「神に倣う者になろう!」です。聖書箇所はエペソ5:1です。詳しくは藤井先生のブログの方、あるいはYouTubeの録画の方で。

2021-01-17.jpg

講壇の写真だけはいつでもあるってのは便利ですね。

ちなみに「倣う」という手話、結局私は「練習」というのと同じ手話にしているのですが、「もとづく、ならう」の手話の方が良いかなと後で思いました。

時々自分の語彙の確認のために「新しい手話の動画サイト」を見るのですが、新しい語彙の増え方に絶望してしまいます。まぁ、「日本語」にも新語がどんどん増えてるわけなので、手話も同じだと言えばそれまでですけど。「遠隔」とか「Zoom」とか「スカイプ」は今時よく使われる手話なので、覚えて行きたいところです。「コロナ」とか、やっと覚えたのだけどなぁ。

ということで、午後です。

今日の午後は「各会」でした。

「からしだね」はリアルの人とZoomの人との混在です。

IMG_8562.JPG

リアルの人

IMG_8567.JPG

Zoomの人

自宅にいる人、別室にいる人、会堂にいる人、遠くにいる人が一緒に話せるのは良いですね。いろいろ慣れても来たので、悪くない感じになって来ました。

先週のブログに、会堂の設備をいじってる話が書いてありますが、今週もいろいろ改善しました。

配信用のパソコンが設置されました。

IMG_8569.JPG

後ろのPA席の前に設置してあります。お陰で、会堂前がすっきり。

IMG_8568.JPG

「砂かぶり」にあったゴチャゴチャしたものがなくなりました。やー、すっきりすっきり。

撮影のカメラは会堂後ろにあるDVD収録用のカメラを使うことにしました。お陰で手話通訳の立ち位置が「本来の場所」で出来るようになって、これもすっきりです。

後ろのカメラは4K対応なので、パソコンや配線やディスプレイもそれに対応したものにしてあります。まぁ、教会で4K動画とか撮らないとは思いますけど。

これでどんな画になるかは、来週のYouTubeを見て下さい。

こういったことをやって、結局帰る時間は17時頃になりました。でも、陽が伸びたせいで、以前ほどは遅くなった感じはなくなりました。まぁ、まだ春は遠いですけど。

という教会でした。

技術解説(設備)

さて、需要があるかないかわからない、どっちかと言えばよその教会の人向けの技術解説です。

今回は新しく配信用のパソコンを入れたので、それについてのお話です。

度々言ってると思うのですが、元々うちの教会の礼拝ネット配信は「将来、礼拝に集えなくなった時のことを考えて」くらいに思って「まぁそのうち出来たらいいね」くらいのものでした。ですから、本格的にどうこうするのは時期尚早という考えでいました。ところが、今回の騒動のせいで「そのうち」が「来週から」というレベルで喫緊の課題となったわけです。

前提として「そのうちちゃんと設備しよう」と思っていたことなので、あわてて設備投資するのも得策じゃないと思って、出来る限り「ありあわせ」のものを使ってました。たとえば配信に使うパソコンは私の普段使いのノートパソコンですし、カメラもそれにつながる適当なものを使うということで始めました。使いもしない設備、使っても利用頻度の低いものに投資するのは馬鹿げていますから、「ありあわせのものでFS(feasibility study:実行可能性調査)」をしてからいろいろ買うことを考えていました。

約1年近くそういったもので運用した結果、今回の設備ということになります。

カメラ

まず、先にカメラが検討されました。

今まで使っていたカメラは、「C930e」という比較的上位のパソコン用のカメラです。レンズもガラスで、ごく初期に使っていたカメラよりはずっと綺麗な画像です。今週までのYouTubeはこのカメラからです。十分綺麗な画像だったんじゃないかと思います。

とは言え、これは実に「運用の妙」のお陰です。

元々この手のカメラは「机の上のディスプレイの上あたりに置いて、席にいる人を撮る」ために作られたものです。そのために、かなり広角のレンズがついています。講壇を撮るためには、かなり前の方にカメラを置く必要があります。

IMG_8421.JPG

そのため、こんな感じで「砂かぶり」の場所にカメラを置くことになり、また必然的に中継設備もその辺に置くことになります。

個人的にはこれが一番嫌でした。まず誰でも思うのは、「視界の邪魔」だということです。

IMG_8310.JPG

講壇付近の写真を撮ると、必ず入ってしまいます。

全体に黒いので、それ程実際の視界の邪魔になるわけではないですが(黒は人には見えない色です)、いろいろ隠れてしまいます。

また、「講壇の前が妙にメカメカする」というのも嫌でした。教会堂の目立つところにメカっぽいものがあるの、どうも嫌いなのです(←お前が言うな)。

また別の問題として、「DVDとYouTubeで画が違う」ということがありました。DVDは会堂後ろにあるカメラで撮っていますし、「加工」を全くしてないので、YouTubeに出ているものと随分違うんですね。

そんなわけで、「会堂後ろからの撮影に耐える品質とDVD録画を両立するカメラ」が欲しいということになりました。

今回購入したカメラはパナソニックの「HC-X1500」、これはパナソニックの「旗艦機種」です。つまり、「一番いいの」です(カタログ上さらに上位のがありますが、アクセサリの違いだけです)。当然4Kで撮れますし、レンズもそれなりに良いものです。はっきり言えば、うちの教会の使い方からするとオーバースペックもいいところです。

とは言え、どうせ何年も使うものですし、そうすると世の中もいろいろ変化して行くので、「ちょっと背伸び」したくらいのスペックのものの方が、長く使えます。「4Kなんて使わないよ」いう声もありますし私もそう思うのですが、たとえば「5年後」にどうかと言えばわかりません。

今時のこの手のカメラなので、当然HDMIで信号が出て来ます。HDMIのケーブルは長く引き回せるので、カメラの位置とパソコンの位置が近くないといけないということはありません(前のカメラはUSBだったので近い必要がありました)。またレンズも望遠の利くものにしてあるので、会堂の後ろから撮ることが出来ます。「砂かぶり」な場所にパソコンを置く必要がなくなり、講壇付近がすっきりしました。

カメラが4Kまでの能力があることと、大きなディスプレイ2面とも4Kが出せるということで、システム設計は4Kが基本になりました。何度も言うように、実際には使わないとは思うんですけどね。動画の4Kは使わなくても、それを静止画に切り出した時に綺麗なのは大きいと思います。

パソコン画面のキャプチャ

講壇のPowerPointの画面、以前はディスプレイに表示していたのをカメラで一緒に写すとゆー荒技を使っていましたが、しばらく前から直接配信画面に貼りつけるようにしています。これで画質が一気に良くなったと共に、画面構成がとても楽になりました。

買ったのは「MiraBox HSV321」という中国製の安いHDMIキャプチャです。ここには深い意味もなく、単に「いろんなOSで動く安いUSB出力のHDMIキャプチャ」というだけの理由です。どうせパソコンの出力をキャプるだけですから。私のパソコンでも会堂のパソコンでもつなげられるように、USB出力のものを選びました。

カメラ画像のキャプチャ

カメラがUSBからHDMIになったので、それ用のキャプチャが必要になります。

カメラが4Kなので、カメラのキャプチャも4K対応のものにしました。CORSAIR(コルセア)の「4K60 Pro Mk.2」です。世間では「ゲーム配信用の決定版」みたいな言われ方をしています。

4Kにした時のデータ量のことも考えて、USB出力のものではなくてパソコン内蔵のものにしました。

Linuxでも動くよという話だったのでこれにしたのですが、うまく動かせなかったので、パソコンにはWindowsが入れてあります。

グラフィックボード

今まで特に考えていなかったのですが、今回は「なるべくたくさんのディスプレイがつなげる」ことを考えて選択をしました。

と言うのも、普通はパソコンの画面は1つあれば十分ですが、操作に使う1面の他に、「現在送出している動画」を講壇の上からモニタしたいと思ったからです。

また、YouTube配信の他に、今日のエントリにあるように「Zoomとリアルと一緒のミーティング」が会堂でしばしば行われます。音響設備との関係から、配信で使っているパソコンと兼用した方がいろいろ都合が良くなります。なので、「会堂で使っているディスプレイ」にも表示したくなります。

IMG_8567.JPG

こんなのですね。

ですから、このための出力も必要だと考えました。

そんなわけで、「なるべくたくさんのディスプレイがつなげる」「出来ればみんな4K対応」という条件で、なるべく安いものを選んで「MSI Radeon RX 580 ARMOR 8G OC J」という選択になりました。また、せっかくなので手元の操作にも27"とは言え4Kのものにしてあります。

パソコン本体

ここに特筆するべきことはありません。「そこそこのスペックでそこそこのメモリ」という感じで、特別に凄いものを買ったという感じはありません。IT業界人達が「基本的人権の守られているパソコン」と呼ぶ程度のスペックです。Aさんは「生越さんが作るんだからきっと凄いスペック」とか期待されていたようですが、そこまでではありません。と言うのも、会堂でこのパソコンに期待されているのは、

  • YouTubeの配信
  • Zoomの運用

くらいですからね。もっともYouTubeで遅延時間を短くしようとすると、案外にCPUが必要みたいで、現在会堂とYouTubeに30秒くらいの時差があるのは、私のノートPCがショボいせいです。何とかしたいのはその辺でした。

他にさせたいことと言えば、

  • 動画の編集
  • DVDやブルーレイの再生

くらいでしょうか。そういった用途には十分足りるスペックになっているはずです。

OSは素直にWindowsにしました。FEBCは番組制作にUbuntu Studioを使っているという話だったので真似しようと思ったのですが、前述のように4K60 Proがうまく動いてくれないので諦めました。

買わなかったもの

他方、当初必要だと思っていても、運用中に必要ないと気がついて購入しなかったものがいくつかあります。

スイッチャー卓

当初欲しいと思っていて結局必要性がないと気がついた代表がこれです。

実は世の中の諸々が「ネット配信」に動いた時、最初に品薄になったくらい買われたのが「ATEM Mini Pro」というスイッチャー卓です。Facebookの「教会動画配信のための情報交換」グループのバナー画像にもなっているくらい、この世界ではポピュラーなものです。そう言えばどうでもいい話なんですが、このスイッチャーを売ってる「BlackMagic」って会社、私の会社の事務所の前の住人だったようですw

元テレビ屋としては、「ちゃんとしたスイッチャー」というのはUI的に嬉しい(マウスクリックよりも物理ボタンの方が使いやすい)ものなので、そういった意味でも欲しいなと思ってました。

でも、これは結局必要ありませんでした。

と言うのも、スイッチ自体はパソコン上のOBS Studioで十分だったからです。そもそも、現在のうちの教会の使い方からすれば、スイッチ自体が必要ありません。以前に書いたように、「ネット礼拝」に過度の画面効果は

有害無益

と言っても良いとさえ思っています。そもそも、主に操作する私は同時に手話通訳に立っていることが多いので、スイッチが出来ません。他の人が代わりにスイッチしてくれても、あまり多くは期待できないでしょう(生中継のスイッチは「度胸」です)。

そんなわけで、うちの教会の利用範囲からすれば、スイッチャー卓は不要でした。どうしても必要であれば、OBS Studioをhackして「手話通訳しながらスイッチする」ような機能を作るでしょう。

vMix

ストリーミング送出用のアプリです。当教団の神学校で推し推しみたいなので、使っている教会は多いかも知れません。解説動画をアップしている先生もおられますね。元々プロ用のアプリで、プロの使用に耐える機能を持っています。送出だけではなくて、編集にも使えます。詳しくは本家サイトで。

ですが、これも当教会のシステムでは使っていません。

機能としては前述のOBS Studioで十分だからです。理由は既に述べたのと同じです。

また、OBS Studioはオープンソースです。機能が足りないなーと思えば改造してしまえば済みますからね。そういった自由度はvMixにはないので、「どうしても」って事情がない限りは必要ないです。この辺、私の名前と「オープンソース」を組み合わせてググってみればわかるでしょう。私、元々そーゆー仕事なんで。

なお、動画の編集であれば、同じくオープンソースの「Open Shot」というものがあります。先日、当教会であった結婚式の動画編集はこれを使いました。必要にして十分な機能があります。これについては、またいずれ。

クロマキー的な諸々

礼拝中継に手話を入れる時、テレビでやっているように、手話を別途撮影して埋め込むことが出来れば良いなと思ってました。そうすれば、手話が切れてしまうこともなければ、講壇映像の邪魔になることもありません。画面構成の自由度が上がるのはとても良いことです。

ですが、これはロックダウンの直後に「意味がない」ことがわかりました。

なぜなら、手話をクロマキー合成でやってしまうと、講壇上には手話通訳者がいないことになってしまうからです。つまり、

YouTube中継と会堂が両立しない

という問題が起きてしまいます。ロックダウンの最中は「どうせ会堂で直接見る人もいないから、普段出来ないことをして遊んでみよう」ということも通用したのですが、会堂に礼拝に来ることをオープンしてしまうと、会堂にいる人達にとって「??」なことになってしまいます。会堂は会堂であってテレビスタジオではないのです。まぁ、テレビの「公開生放送」でも同じことは起きているのですけどね。

「YouTube中継と会堂の両立」ということを考えているので、前述のPowerPointのはめ込みも「会堂のスクリーンの場所」に合わせて構成してあります。これは今までもそうですし、来週からの「新構成」でも同じです。その方が違和感ないですからね。

という感じで設備を整備しまた。他教会の方の参考になればと思います。









posted by ビジョン at 17:12| 日記

2021年01月10日

緊急事態宣言再び、そしてその後の為に。

皆さんこんにちは、PAです。

日曜日の新中野キリスト教会の様子をご紹介します。

首都圏に再び緊急事態宣言が出され、まだまだ予断を許さない状況が続くコロナ禍ですが、教会では換気・消毒・座席の間隔確保・マスクの徹底など最善を尽くして出席人数も極力分散するような形で礼拝をしています。

IMG_9700.jpg

今日の藤井先生のメッセージは「聖霊を悲しませないように」という説教題です。

「神様を信じてクリスチャンとなった後も私たちの心には怒り・盗み・悪口・無慈悲等悪魔の喜ぶような思いが湧いてくることが多々あります。

しかし私たちの内には聖霊が住まわれているのでそのことを思い新しい人を着て過ごしましょう」と語ってくださいました。

IMG_9709.jpg

詳しくはこちらをどうぞ。

さて教会ではここのところ機材や設備・PC等が不調になることが多発しています。

人間同様機器達にもコロナ禍が振り掛かっているわけではないでしょうが一気にあちこちで不具合が発生しているので辟易しています。

そんなことの対応でいくつか新しい機器が導入されています。

まずはこれ。

IMG_9713.jpg

PA席にあったモニター画面(会堂や玄関に設置しているカメラ映像を確認するもの)が23年の寿命を終え映らなくなってしまい、新しいモニターを設置しました。

画面が大きくなったため今までのオーディオラック内に置けず、ラックにアームを新設し画面を正面から見られるように設置しました。

今週のもう一つはこちら。

IMG_9712.jpg

こちらは映らなくなったとかではないのですが、前々からプロジェクターは色が悪いよねという話があり代わりに50インチモニターを講壇上に設置しました。

講壇右側には以前から1台ほぼ同じ大きさのモニターがあったのですが、

IMG_9699.jpg

左の方に座ってる方からは見づらかったので講壇上に追加しました。

今は来られる方が少なくなってしまっているので残念ですが、また皆さんと一緒に礼拝できるようになったときに快適に礼拝を捧げられるようにと願っています。

新中野キリスト教会ではこのコロナ禍が一刻も早く終息されることを祈っています。

ではまた、PAでした。





posted by ビジョン at 00:00| 日記

2021年01月03日

あけましておめでとうございます!

2021年初めてのブログです。
今年も新中野教会の日常をお伝えしますので、
どうぞよろしくお願いします!

IMG_0001_BURST00120210101110848.jpg

今年も元旦礼拝が行なわれ、
「互いに成長する喜び」というメッセージを
語っていただきました。

ひとりひとりが成長し、組み合わされ、つなぎ合わされて、
教会も成長していくのだなあと教えられ、
今年の歩みが楽しみになりました。

DSC_0131.jpg
藤井先生による祝祷

DSC_0136.jpg
元旦礼拝もyoutube配信されました。

   晴れ

そして、今日は今年最初の聖日礼拝。
メッセージは、

クリスチャンには「古い人」という上着は似合わない。
新しい人=イエス様自身を着ることは、自分の意志次第。

礼拝後のマナの時間に、
「古い上着の上に新しい上着をきるんじゃなくて、
古い上着を脱ぎ捨てて、新しい上着を着るんだね。
重ね着はできないんだね」と分かち合いました。

DSC_0424.jpg
例年のように講壇に集まれないので、
座ったまま、前から撮った集合写真です。(第1礼拝)

DSC_0429.jpg
お正月、単身赴任先から帰った方のお土産。
ごちそうさまでした!
久しぶりの親子そろっての幸せそうな笑顔に
こちらもうれしくなりました。

   ぴかぴか(新しい)

これからますます寒さも厳しくなりそうですが、
お花を見ると春もそう遠くないと思えてきますね。

DSC_0426.jpg
玄関前の花壇 Kさんが植えてくださいました!


DSC_0428.jpg
駐車場の木瓜の花

DSC_0427.jpg

木瓜の実・・ですよね?

DIAGONAL_0001_BURST20210103105433762_COVER.jpg
水仙のつぼみ

HORIZON_0001_BURST20210103132229226_COVER.jpg
玄関のシャコバサボテン

HORIZON_0001_BURST20210103132244514_COVER.jpg

サロンにはシクラメン

   かわいい

コロナの行方は誰にも分からないけど、
今年も、
私たちは、なによりもまず神様を仰いでいきましょう!

ぐり〜んでした(^^)/

posted by ビジョン at 21:28| 日記