2016年09月12日

シルバー祝福式&神学生のメッセージ

こんにちは。
マダムYです。

昨日は第二礼拝で、「シルバー祝福式」が行われました。
 IMG_8300.JPG
新中野教会に通っている75歳以上の兄弟姉妹を祝福しました。
ざっと20人ほどの方が祝福を受けました。
聖書に出てくるシメオンおじいさん、アンナおばあさん夫妻のように、自分のことだけでなく、日本のため、世界のために祈る人であってほしい、晩年を祈りに費やしてほしい、との言葉が藤井牧師から送られました。
そしてひとりひとりに星野富弘詩画集カレンダーがプレゼントされ、みなさんの健康だけでなく、祈る者としてますますの成長を!とお祈りしました。
image9.JPG
新中野教会のシルバー兄弟姉妹はほら、華やぎ輝いているでしょう☆!
(写真では顔をはっきりお見せできませんが、でもほら、感じるでしょう?)
なぜかしら、みなさんがどこのシルバーグループよりもかわいらしく、愛らしく見えるのは。
同じ教会員としての愛着が理由?
いえいえ、それだけではありません。
みなさん、神様の愛を受け、喜びのゆえに光り輝いているのだと思います。
こうなりたいな、と自分の未来を重ね合わせ、みなさんのお顔をまじまじと拝見させていただきました。
image4.JPG

そして、第二礼拝の説教。
image8.JPG
今日はK神学生によるメッセージでした。
夏休み前、神学生初回のメッセージはドラマ仕立てのインパクト満点メッセージでした。
ですから、2回目となる今回のメッセージも期待しないわけがありません!
ジーンときて、そして大いに笑いました!!
子供のころから学生のころに、そして社会に出てからもいじめを経験し、ついにうつ病にまでなってしまったK神学生。
30代になってからは外国に憧れて、夢をかなえるためにたどってきた歩みは、実は神様が備えてくださっていた道でした。
「もうだめだ!」「もう無理!」という絶望を幾度となく経験した神学生は、「強くあれ、雄々しくあれ」という聖書の言葉に背中を押され、神様から直接言葉をかけられる、という経験もしました。「イエスを先頭に歩くなら、迫害も困難も乗り越えられる。」という神学生の確信は、苦労の経験と神様の経験から与えられた力強いものです。
どん底を知っている神学生の言葉だからジーンときた。
神様を知っている神学生の言葉だから力強い。
だから大きな声で笑えた!
image10.JPG

いつも感謝なことに、ランチが用意されています。
ご用意してくださるみなさま、ありがとうございます。
あさりのごはんに、お味噌汁、ヨーグルトでした!

image11.JPG

来週は大坂太郎先生のメッセージです。
毎週目が離せません!
posted by ビジョン at 22:07| 日記