2016年06月26日

洗礼式がありました!

こんにちは!ミロすけ犬です。 今日は、洗礼式があるんですよ〜!

お天気晴れも祝福されました。


今日、第一礼拝では、G姉のお証がありました。
どうして?クリスチャンになったのか。
どうして?日本に来たのか。
G姉ご自身が、多くの日本人から実際にこの問いを受けてこられたそうです。
今日は、私たち新中野のメンバーにも教えてくださいました。

お話の概要です。
人生には多くの問いがあります。
でも、どれ一つとして簡単に答えが出るものはありません。

人はどうして死ぬの?天国はどんなところ?
いくつもの問いがあり、クリスチャンの両親から、讃美歌から、そして聖書から...、神様のことを知ってきました。

(聖歌500 「みことばなる」)
Trust and obey,
for there's no other way
To be happy in Jesus,
but to trust and obey.

信じて従うこと、他に道はありません。
イエスにあって幸せとなるには、信じて従うことです。

(讃美歌461番「主我を愛す」)
Jesus loves me! This I know,
For the Bible tells me so.
Little ones to Him belong;
They are weak, but He is strong.
Yes, Jesus loves me!

イエス様が私を愛していることを知っています。
なぜなら聖書がそのように教えているからです。
聖書はただ一つの愛読書、どこに行くにも一緒です。
聖書を読むと、どんな困難の時にあろうとも、イエス様のように、平和、喜び、希望、愛の生活ができるように導いてくれます。
生涯、イエス様を信じて従うことを決意し、11歳で救われました。
その後も、人生に困難がありました。
若くして召された弟の闘病の日々の内にも、聖書は家族に力を与え続けてくれました。
幼いころより親しんだ、故郷のミネソタの美しい自然によって、神様のすばらしい創造の業を知りました。
でも今、現代の都市生活の中で、美しさと平和を見つけることは容易ではありません。
どこで神様の作られた美しい世界と平和を見つけることができるでしょう?
それは毎週日曜の主の教会の礼拝でです。
賛美や、希望のみことばである説教を聞く時、神の愛と平安を感じるのです。
イエス様の愛を伝えるために日本に来ました。
イエス様は、死を打ち破り、復活され、私たちに本当の希望を与えて下さる方です。
イエス様を信じれば、天国というすばらしい場所で、イエス様と共に永遠に生きることができるのです。

すみません、かなり端折ってしまい、全部をお伝えできてないことが残念です。たらーっ(汗)
本当にとても素晴らしい証です!ハートたち(複数ハート)
ちゃんとした内容をお知りになりたい方は、ぜひ教会までお越しください!!

今日のメッセージは、
「イエス様からいただいた愛」藤井師
ローマ13:8−10
です。

詳しくはバイブルサロンからどうぞ!

第二礼拝の最後に、A兄の洗礼式が執り行われました。


こちらが、新中野キリスト教会のヨルダン川(洗礼槽)です!リゾート


どこにあるかというと、この後ろ(講壇のむこう)。ひらめき手(チョキ)


会堂の脇から入ることができます。


更衣用テントまで用意されてました!いい気分(温泉)

洗礼式始まりました!

信仰告白に続き手(パー)

いざ、洗礼槽へ!グッド(上向き矢印)

腰の悪い藤井先生の補助で、神学生がお手伝いくださっています。ダッシュ(走り出すさま)



おめでとうございます!!黒ハート黒ハート黒ハート

晴れやか〜!天国でも喜びのファンファーレが鳴り響いてますよ!演劇

次は誰が着るのかな〜?お待ちしてます!ぴかぴか(新しい)


今日のランチは、サバ煮香味野菜のせ

野菜たっぷり、ピリ辛が食欲そそります。

涼し気なソーダゼリーも色鮮やか!

午後は、教会大掃除でした。がんばってる人百景としてご紹介します!

溝でがんばってるひと。
すみません。百景はここまで(一景やし!)
ま、とにかくみんな、あちこちで、さまざまに頑張っておられました。
きれいになった新中野キリスト教会へぜひお越しください!!
posted by ビジョン at 20:18| 日記

2016年06月20日

松戸からお客様

こんにちは。マダムYです。

今日は松戸にある、聖書キリスト教会・グレースホームの岡野牧師先生にお越しいただきました。

「どんな先生かな?厳しい先生かな?」

ドキドキしながらメッセージが始まりました。背筋が自然とピンと伸びる思いでした。

image-3848d.jpeg
聖書箇所は、
ヨハネの福音書15章1節〜12節。
『わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。』

やったー!私の大好きな聖書箇所。思い入れが強い箇所で、自分の子供の名前もここから名付けたほどです。キリストの良い実を多く結んでほしい、と願いつつ。

さて、新婚当初、知恵を絞り、工夫を重ねながら、牧師としての仕事に力を注いでいた岡野牧師。一方、家庭では厳しい言葉を奥さんに浴びせることが多かったという。奥さまは辛い生活に、涙を流しながら、夜に外へ出て、それでもそんな夫のために祈っていたそうです。そんな妻の気持ちに応える余裕もない中、岡野牧師の伝導は広がり、次々と洗礼を受ける者がおこされ、信徒は増え、牧師としての働きは祝福され、成功を収めていたそうです。

うん、うん、うなずけます。私の周りにもたくさんいます。仕事で成功している夫の姿。そんな強い旦那さんを持つ妻は宿命とばかりに家庭ではよく当たられるものですよね。外で強くてうちで優しい男なんて幻想?
じゃないのですか?

しかし、やがて信徒が1人去り、2人去り、教会が成り立たない状態にまで追い込まれたそうです。
何がいけなかったのか。
何が足りなかったのか。
悩みの末、先生が至った回答が、
『みことばにとどまること』
今までの先生の関心は、礼拝参加数、奉仕、この人はやってるか、あの人はがんばってるか。しかし、1番大切なものは、そういった活動の有無ではない。大切なのは、みことばを守り、妻を、子供を愛すること。『キリストが教会を愛されたように妻を愛しなさい』、つまり聖書は命懸けで妻を愛するように、と夫に教えている。人は変身できる。信仰を持っても変身できないことがあるが、それでもみことばにとどまったとき、クリスチャンは初めて変身できる、愛することができる。同様に、妻もみことばに従うとき、夫に服従できる。夫婦お互いがこのことに気づき、愛し合えるとき、最強の夫婦になれる。

奇蹟の夫婦!幻想じゃなく現実にあるんですね。しかも聖書にちゃんと書いてあったんですね。聖書を知っている、ということは、みことばにとどまる、とイコールじゃない。眼からウロコの新事実。

岡野先生のご家庭は、先生がみことばにとどまることに気づき、立ち返ってからというもの、幸せで平穏な家庭に変えられたというのです。
すると、また信徒は増え、教会は再出発したそうです。

今回先生は、ご婦人と4人の信徒の方々と一緒にお越しになりました。
岡野先生ご夫妻のもとで、幸せな結婚、家庭生活に導かれたYご夫妻の飛び入りメッセージもあり、イキイキとしたひとときでした。

image-d787f.jpeg

今回、岡野先生は『素のままの自分』を新中野教会の信徒にさらけ出してくださいました。小手先のへりくだりではなく、芯の真のへりくだりをもって、洗いざらい赤裸々に語ってくださりました。1時間少々のメッセージを通し、先生の信仰とお人柄に触れ、聞いているみんなが先生に愛着や親しみ、そして尊敬を感じたと思います。懺悔の念がストレートすぎて、純粋な気持ちが私たちの心に響きすぎて、涙を浮かべたり、笑ってしまったり。もっともっと聞いていたいメッセージでした。なんだか今流行りのテレビ番組『しくじ◯先生』の聖書版みたいでしたね。

さて、礼拝後のランチはとびきり豪華なローストビーフ丼でした!教会には多才なシェフもいるんです!
image-b01ef.jpeg

posted by ビジョン at 22:30| 日記

2016年06月19日

関東南西教区西地区壮婦集会「行き詰って生まれた教会」

本日午後は、関東南西教区西地区壮婦集会が行われました。
各教会の兄弟姉妹が、それぞれの教会での礼拝をささげた後、新中野教会にお集まりくださいました。
ありがとうございます〜!!黒ハート

聖歌隊の賛美リードで、始まりました! るんるん
美しい賛美!みんなで声を合わせて、ともに神様を賛美できるのは本当に感謝ですね!


午前の礼拝に引き続き、聖書キリスト教会グレイスホーム牧師の岡野先生、めぐみ先生が講師として登壇くださいました。
テーマは、「行き詰って生まれた教会」ヨハネ21章1~19節 です。
実に多くの証しを交えたお話で、すぐにでも実践したくなるような...、何か、ワクワクするような内容なんです。

私たちの能力や人柄・性格の問題ではなく、ただ心を一新して、みことばに従い歩むこと。
それだけで、あらかじめ約束された祝福を与えられるのだと、教えていただきました!
まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も夜もそのおしえを口ずさむ。
その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。
詩編1:2~3
posted by ビジョン at 23:17| 日記

2016年06月18日

三浦綾子『銃口』展に行ってきました!

こんにちは!犬
今日は、三浦綾子さん著作の『銃口』パネル展に行ってきました。

こちら東京の渋谷駅から歩いてJR10分くらいのところにある、青山学院大学構内の、ガウチャー記念礼拝堂で行われてます。
会期は、2016年6月14日(火)〜2016年6月25日(土) 
日曜日は休館です。開催時間など、詳しくは
をご覧くださいね。

わー!なんて立派な会堂でしょー!
でもその前に...礼拝堂近くの学生食堂で腹ごしらえをして、
いざ、パネル展へ!
おー!大盛況ですね!
そして今日はスペシャル!
旭川の三浦綾子記念文学館特別研究員、三浦綾子読書会代表の、森下辰衛先生の講演会があったのです。
【講演会】
人間として生きること語ること
 〜三浦綾子『銃口』が現代に語る希望
講演会から少しだけ...


人が人に向ける銃口とは何か?
またそれに勝つものは何か?

枠組みの転換
銃を持たない人間とは
自分を守るために銃を使わない
相手の人間性に期待して銃を捨てる
9条の精神に通じる

金俊明の体験が隊員の銃口を下げさせた
疑いと敵意に勝つもの
一人一人の愛の体験の物語を自分の言葉で語ること

自分の物語を自分の言葉で、
自分の体験した良いもの を語ること
綴り方教育は、そんな力を育むものであった

などなど...
他にも印象に残るお話がたくさんあったのですけど。

とても大切なことを、考えさせられました。
三浦綾子さんのメッセージは、今も私たちにビシビシ刺さりますね。

聖書もまた、普遍的なメッセージです。
そして、自分の物語を自分の言葉で語ることは、証しです。
神様が私たちに教えて下さる愛を、みんなで共有していきたいですね!
そんな力を神様からたくさんいただきたいです。

パネル展、とてもよかったですよ!おススメです!
すでにお読みになっておられる方はもちろんのこと、
まだ『銃口』をお読みになっていない方でも楽しめます。
そして、きっと読みたくなること請け合いです!

6/25土曜日20:00(平日は18:00)までやっていますから、ぜひお出掛けください!


posted by ビジョン at 23:49| 日記

2016年06月14日

今日は神学生の司会

皆さんこんにちは。おごちゃんです。

6月12日の新中野キリスト教会の様子です。

今日は特別でもない普通の日曜日なんですが、神学生が司会です。

まずは、賛美の練習の様子

IMG_2536.JPG

司会の皆さん、必ずやってるやつです。なんか声を枯らしてしまったらしく、本人いわく微妙な感じらしいです。

IMG_2540.JPG

礼拝の時は、まぁこんな感じです。それなりに慣れてるはずなのになーと思うのですが、きっと違う教会に行くとまた感覚が違うのでしょう。

例によって動画も撮ってみました。S神学生よりは大人しいですね。

「神学生いじり」のついでに、こんなものを発見したので置いておきますね。


ネットって本当に怖いですねwww

さて、この前の時にもチラっと書きましたが、三浦綾子『銃口』展が始まります。18日土曜日は講演会もあります。

13340146_961591197243537_3404021960579653101_o.jpg


こういったこと以外は、いつもの教会です。

御飯

IMG_2549.JPG


今日のこれは、たけのこ御飯ですね。そして、教会の御飯には珍しく、お味噌汁つき。味噌汁つけるのって、案外難しいのですが、さすがですね。今期になって、新しい「料理人」が参加していて、またいろいろ新鮮な感じになってます。負けないようにしよう(←何と戦ってるんだ?)。

午後はリバイバル祈祷会でした。

IMG_2552.JPG

私の脳内では、「リバイバル祈祷会」と「有志祈り会」がどうもごっちゃになってしまいます。今日はリバイバル祈祷会。

というのがいつもの教会でした。

前に「あまりにいつもの教会の時は、何でもない教会の写真をあげる」という話をしたと思いますので、久しぶりにやってみます。今日は「洗礼槽」です。

IMG_2546.JPGIMG_2545.JPG

今は「洗礼する場所」と言うより「物置」。入っているのは「綿菓子機」です。普段使ってない時は、このような形で活用(?)されております。ちなみに、今月は洗礼式がありますから、その時はもちろん片付けますよ。

私は他の教会で洗礼受けてるので違うのですが、ずっとこの教会にいる教会員はきっとここにいろんな思い出があったりするんでしょうね。

posted by ビジョン at 16:30| 日記

2016年06月05日

新しい話、3点。

皆さんこんにちは、PAです。

日曜日の新中野キリスト教会の様子をご紹介します。

新中野教会では11時からの第二礼拝の最初に新しい賛美を練習しています。
P1320457.jpg


毎月1曲、新曲を覚えて教会の賛美集に加えていきます。

今日は6月第1週目なので、また新しい曲を練習し始めました。

今月はLyreというグループの「帰り道」という曲です。

こちらのYoutubeで聞くことができます。

とても優しい気持ちになれる賛美です。

曲調は優しいのですが、歌うとなるとちょっと難しい曲なんです。

皆さんにお教えする立場の私も、今月はこの曲と決まって初めて聞いた曲で、まだ慣れてなく、お手本で歌う時も間違ってしまう始末でした。

でもとてもいい曲なので、皆さんと一緒に覚えていきたい一曲です。


さてうちの教会にはろう者の方がいらっしゃいます。

ですので礼拝の時には手話通訳をしてくださる奉仕者がいらっしゃるのですが、

IMG_6953.jpg

もう一人ろう者のための奉仕者がいます。

それはスクリーンに映る賛美の歌詞や聖書のみ言葉などをレーザーポインタで示す仕事をする奉仕者です。

今日の第二礼拝では4年生のK君が初めてその奉仕をしてくれました。
賛美や先生のメッセージを聞きながらスクリーンにレーザーポインタをあてています。
13396854_1772032326360096_1668221473_o2.jpg

藤井先生も新しい奉仕者が増えたと喜んでいました。

藤井先生のメッセージ(詳しくはこちら)の後はお楽しみのランチ!
IMG_6954.jpgIMG_6958.jpg

今日はホタテやアスパラが入ったピラフ。おいしかったです。

午後はそれぞれ手話交流会や、英語と日本語で聖書を読む会、役員会などでそれぞれの活動しましたが、今日のメインイベントと言える事が最後に待ち受けていました。

教会で以前使っていた講壇をとある方に差し上げることになっているんです。

来週教会の男性陣に協力してもらって私が持って来るトラックに積んでもらおうと思っていたのですが、役員会でその話をしている時、Yさんが「PAさんの車に積めるんじゃない?」とおっしゃいました。

「いやいや一応車内のサイズとかカタログで見てみたんですけどどうかなぁ〜」と思っていたんですが、男手何人かあるからやってみようという事になりました。

ちなみに講壇はこれ。結構大きいんです。
IMG_5833.jpg

地下室に置いてあるのを階段担ぎ上げてひとまず一階へ。

その後、私の車に乗っている工具などを降ろし、講壇を積んでみるとなんとピッタリ収まった!!
IMG_6960.jpg

いや〜、神様ありがとうございます。これで雨の心配もいらないし、私も運転は楽だし。万々歳です。

最後に緩衝材代わりにクッションや布団をまわりにはさんで傷つかないようにしました。

来週、静岡県掛川までお運びします。

新しい場所で使われることに感謝!!

ではまた、PAでした。





posted by ビジョン at 00:00| 日記